みみろぐ
みんなの気になるニュース
家庭の悩み解決策

もっと夫婦の会話を増やしたい!その悩み自営業の妻がお答えします

夫婦円満の鍵は会話にある!

結婚歴24年 

自営業のためほぼ1日中(寝ている時以外)
夫と顔を合わせている

そんな私が断言します。

でも今、夫婦の会話があまりなく
悩んでる主婦が多いようです。

 

コロナ禍で夫婦で過ごす時間は増えた

リモートワークで1日中一緒にいる

 

なのに
楽しいはずの家庭の中で会話がない、、、、。

それってとっても辛いですよね。

それではまさに
生き地獄、、、、、、、、。

 

なんとかしたい!切実な悩みです。

わかります!!

私にだってそんな苦しい時期があったのです。

 

だから心配しないで!!

捉え方1つで
気持ちが楽になり
会話の絶えない仲良し夫婦に
きっとなれます。

そこで今日は、
夫婦の会話について
なぜ会話が減ってしまうのか
その理由と解決策を考えていきましょう。

世の中の夫婦の会話の現状

夫婦の会話時間

                        NHK クローズアップ現代+より引用
               (しゅふJOB総研のアンケート調査)
               (データー提供  株式会社ビースタイル)

 

上記の資料からもわかるように、
今の自分たち夫婦の会話について、
何らかの不満をもっている、、、、、42%

また夫婦の会話が平日において10分未満、、、21%

という結果があるようです。

話すことといえば、

子供の話だけ
それも意見の違いから喧嘩になってしまう、、、

今日のご飯について確認するだけ、、、

そんな嘆きが聞こえてきそうです。

夫婦の会話が減ってしまうのは、男性と女性の脳の作りが違うから

では、なぜ夫婦の会話は減ってしまうのでしょうか。

夫との会話が噛み合わなくて
「イライラする!!!」

こんな経験は誰にでもあるはずです。

「私とと旦那の性格が
まったく合わないから!!!」

 

チョット待って!

そんなこと絶対にないのです!!!!!

 

そこには男女の脳の作りに
違いがあることが関係しているのです。

 

一般的に
男性は理論的
女性は感情を重視する
と言われます。

数学の問題を解く時、
男性の脳は、左脳を使い
女性の脳は、左脳と右脳、両方を使う

悲しみの感情の時
男性はあまり脳の細胞を使わない
女性は脳の細胞をたくさん使う

このように男女の脳の使い方には
違いがあります。

この違いは右脳と左脳をつなぐ脳梁という
脳の神経の作りが違うからです。

この脳梁は男性より女性の方
50倍太いのですが、
これは女性の月経の周期による
ホルモン分泌が関係しています。

 

要するに、
女性は生まれつき脳梁が大きく
右脳と左脳、両方で物事を考え
男性は左脳だけで考える場合が多いのです。

 

また、人類が
狩猟して生活をしていた頃の遺伝子も
影響しているようです。

男性は家族のために狩に出て
獲物を捕獲しなくてはなりませんでした。

そのため、目的思考の脳が発達しました。

逆に、女性は
男性が狩りに出かけている間
周囲との関係に目を配らせながら
コミュニティを守っていかなくてはなりません。

ですから、
コミュニケーション力が高いわけです。

あなたはこんな
経験をしたことありませんか?

あなたは、姑から
言われもない理不尽なことで注意され
腹をたてていました。

本当だったら姑に
言い返してやりたいところですが、
姑との関係も壊したくないので
ぐっと我慢したのです。

でも腹は収まりません。

そこで、帰宅した旦那さんに
愚痴をこぼします。

「ちょっと聞いてよ、実は、、、、」

すると夫は

「それはちゃんと言わないお前が悪い」

「母さんが間違っていること言うべきだよ」

愚痴をこぼすことで
気を紛らわそうとしたあなたは、
反対にさらにイライラしてしまいます。

「旦那になんか、相談しなければよかった」

なぜこうなってしまうのでしょうか?

あなたは、旦那さんに話す前に
もう自分の中で、答えは出ているのです。
でも腹が立つ。このストレスをなんとかしたい。

だから、旦那さんには、
うん、うん、と愚痴を聞いてほしいだけ。

だけど、旦那さんの捉え方は違います。

妻が、悩んでいるのだから、
解決方法をアドバイスしてあげなくては、、、
と考えているのです。

しかし、脳の作りの違いや
遺伝子の違いを考えると

会話において男性は目的重視

女性は共感重視

になってしまうのは自然なことかもしれません。

そう、仕方がないことなのです。

「なんでこんなに会話が噛み合わないの?」

「私達、あっていないの?」

そう悩む前に、
「違って当たり前だ!」

と思いましょう!

自営業妻が夫婦円満に暮らすために実践してきた会話を楽しむ考え方

最初にお話したとおり
私は23年間中華料理店を
夫と2人で切り盛りしてきました。

店舗は自宅の1階

もちろん仕事中も、その他の時間も
ほぼ、眠っている時間以外すべての時間は
夫と同じ空間にいます。

びっくり!!!!

するでしょ。

「よくそんなに一緒に居られるね?」

「嫌にならないの?」

よくそんなふうにお客さんに聞かれます。

本当のことを言うと
嫌で嫌で仕方がなかった時もありました。(笑)

でも今は違います。

まったくストレスになりませんし
ずっと、一緒に話しています。(笑)

とても仲良しです。(笑)

なぜ変われたのか
それは考え方を変えたのです。

私はA型、夫はB型

干支は犬猿の仲の犬と猿

笑ってしまうほど性格は真逆です。

結婚当初は本当に苦労しました。
何を決めるのも
喧嘩になってしまうのです。

一緒に居ても楽しくない。

喧嘩ばかりで会話が弾まない。

どうしたらいいの、、、、、。

 

本当に真剣に悩みました。
辛かった。

そこで、こんな風に
考えることにしたのです。

今まで私一人で生きてきて、
すべてのことが上手くいったわけではない。

失敗もたくさんした。

それはきっと私に何かが足りないから。

だったら夫の違った考えを取り入れれば
もっと物事がうまく進むかもしれない。

夫は私の足りない部分を
補ってくれる存在なんだ。

そう考え、頭ごなしに
夫の意見を否定しないで
受け入れてみたのです。

すると不思議と、夫も私の話を
聞いてくれるようになりました。

自然と
喧嘩の数も減り
会話が増えていったのです。

仲の良い夫婦

子育てで忙しい主婦は
1時期どうしても
夫よりも子供が大切!!!

そういった脳になってしまいがちです。

あなたは、知らず知らずの間に
旦那さんの話に
否定的な返事ばかりしていませんか。

人は否定されてばかりいると
相手に伝える気持ちが
萎えてしまいます。

あなたと共に
長い人生を歩んでいくのは旦那さんです。

子供はいつか巣立ってしまいます。

男女の脳の違いや
性格の違いがあるからこそ
お互いを補っていける!
夫婦は同じじゃないからいいのです。

 

だから今日から
旦那さんの話に耳を傾け

「すごい!なんでそんな風に考えたの?」

って肯定的に深堀りしてください。

きっとそこには、
あなたの考えなかった
もう1つの良いアイデアがあるはず。

そして、旦那さんもきっとごきげん!

この考え方こそが
夫婦の会話を増やすための
極意だと思うのです。