みみろぐ
みんなの気になるニュース
最近気になるマイニュース

小出恵介が映画復帰!事件後何していた?今後仕事の予定はあるの?

小出恵介

小出恵介さんが
2021年6月1日から上映される映画で
3年7ヶ月ぶりに日本映画に復帰されます。

小出さんといえば、
約4年前
2017年6月に未成年の女性との
飲酒などの行為が報じられ
無期限での芸能活動の休止を発表。

3年後の
2020年8月から「リズメディア」と
専属契約を結び
芸能活動を再開されていました。

  1. 今回、小出恵介さんが復帰される映画は
    何という映画で
    どんな役なのでしょう?
  2. 空白の3年間、小出恵介さんは
    どこで、何をしていたのでしょう?
  3. これからの仕事の予定は
    どうなっているのでしょうか?

調べてみました。

小出恵介が復帰する映画のタイトルと内容

小出恵介さんが
3年7ヶ月ぶりに復帰される
映画タイトルは

「女たち」

この映画は山間の小さな町を舞台に
「壊れゆく女達」の姿を描いた作品です。

コロナ禍で重く淀んだ空気の中で
それぞれの不安や悩みと向き合いながら、
必死に生きていく女性の姿を
風光明媚な景色との
対比の中で映し出した作品のようです。

プロヂューサーは奥山和由さん

主演は、篠原ゆき子さん

親友に、倉科カナさん

母親に、高畑淳子さん

そして、小出恵介さんの役どころは
コロナの説明をする医者。

初めは小池さんが出演される予定は
なかったのですが、
小池さん自身が
奥山プロデューサーに直談判し
「通行人でもいいからやらせてもらえませんか?」
と頼み込んだそうです。

その熱意から、
急遽医者の役をやることになったそうです。

かつては、主役クラスを演じていた
小出恵介さんですから
自らお願いしにいくと言った行動を
日本でするのは、初めてだったのでは
ないでしょうか。

いかに仕事をしたい。という思いが強いか
見て取れますよね。

今回は、本当にシーンの少ない役どころ
だそうですが、だからこそ
小出恵介の演技の見せ所でしょう。

その数少ない出番の中で、
小出恵介さんがどんな演技をするのか
見てみたいですよね。

小出恵介は事件後何をしていたの?

自ら頭を下げて、小さな役でも
お願いして、俳優の道を開こうとしている
小出恵介さんですが、

そこまでの俳優への熱意はどうやって
生まれたのでしょうか

2018年6月前事務所との契約が終了した
小出さんは同年10月に
ニューヨークをめざし渡米しました。

最初は通じるだろうと考えていた
英語が全く通しなかったため
語学学校に入学。

一番下のクラスからのスタート
だったそうです。

それと同時に現地の
エージェントに登録

自分を知る人がいない場所での
ゼロからのスタートをきりました。

当時を振り返って、小出さんは

学校に行っても全く誰も
僕のことなんか知らないけど、
日本で長年やってきた
俳優なんだと言うことを
全ての態度で示す。

俳優の仕事は何1つないという
現実を思うと滑稽なんですけど、

その気持だけが唯一
僕を支えていたように思います。
    婦人公論引用元

と語っています。

やはり演劇の街ニューヨーク
では生半可な気持ちでは
押しつぶされてしまうような
エネルギーを感じたそうです。

そんな中でもがんばれたのは
やはりもう1度俳優として
舞台に戻りたい
という思いが強かったからのようです。

途中で、他の仕事に変わろうか
と考えたこともあったそうですが
やはり小出さんには
俳優という仕事から離れることは
できなかったようで、

改めて、自分の目指す姿を
再確認できたようです。

そしてニューヨークで
1番感じたことは
今まで支えてくれた人達への
感謝の気持ちだったようです。

小出さんが事件を起こしてしまったことで
撮影済みだったドラマなど
多くの人達や作品に影響が出ました。

その1つにさんまさんの自叙伝
ドラマがあったのですが、
取り直しなどでさんまさんにも
多大な迷惑をかけてしまいました。

小出恵介さん自身も
もちろん謝罪はしましたが、
許してもらえなくても
仕方ないと思っていたそうです。

しかし、そんなさんまさんが
ニューヨークに来た際に
わざわざ時間を作って
小出さんに会って
相談にのり、人まで
紹介してくれたそうなんです。

小出恵介geitopi.com出典元

人の暖かさに触れて、
自分ももう1度やり直して
人の力になれる俳優になろう
と感じたそうです。

許し、支えてあげるさんまさんも
素晴らしいですが、
小出恵介さんが
深く反省されている姿があるからこそ
応援者が出てきてくれるのでしょう。

小出恵介の今後、仕事の予定はあるのか?

現在、決まっている仕事は
来年上映予定の主演舞台があります

そしてABEMAで1話30分程の連ドラを

小出恵介さん主演で撮影中です。

このドラマでの小池さんは
酒に溺れて人生に影を落とした人達の
エピソードを教訓として紹介していく
役どころのようです。

実は、キャスティングはなかなか
難航したようです。

やはり不起訴処分になったとはいえ

酒というワードが
事件を連想させるのでは?

という心配が共演者の人達に
あったようです。

このことについて質問された
小出さんは、

ただあの事件以来、お酒には
本当に気をつけていますし、
一緒に飲む相手も本当に
考えて付き合っています。

それがどういう形であれ、
事件になって、多くの人に
迷惑をかけたのは
紛れもない事実です。

と答えていらっしゃいます。

どうしても、まだまだ
小出さんと事件のイメージは
払拭されてはいないでしょう。

それを理解しながら、
自分の過ちと向き合い
さらなる俳優の道を
開拓する小出さんには
覚悟を感じますよね。

今はまだ、この2つの仕事の
情報しか、ありませんが、
1つ1つの仕事で結果を残せば
徐々にまた活躍される機会が
増えていくのではないでしょうか。

まとめ

 

小出恵介twitter出典元

  1. 小出恵介さんの復帰される
    映画のタイトルは
    「女たち」です。
  2. 内容は、山間の小さな町で
    コロナ禍の中、不安や悩みを抱えた
    女達が苦しみながらも
    もがき奮闘しながら生きる
    ヒューマンドラマです。
  3. 小出恵介さんは
    コロナの説明をする医者の役で
    出演されています。
  4. 小出恵介さんは
    事件後、ニューヨークで
    語学と演技の勉強をされていました。
  5. 今後は来年上演される舞台と
    ABEMAで連ドラが予定されています。

以上のことがわかりました。

実力のある俳優さんなので
再び活躍される日も近いと思います。

頑張って欲しいですね。